○○台風、もしくは。。。(名前が欲しいです!)

○○台風、もしくは、地球に衝突する惑星?

その名前を、それも、漢字で付けたい。

 

最近までの台風一過で、晴天に恵まれたと思ったら、

今度は、規模が格段に違った異変に入っていた。

それは、未曾有の出来事で、予測不可能な進路を取る。

毎日、その日のスケジュールの変更(たくさんのスポンサーに平謝り)や、

社内のフォーメーションを考え直したり、

緊急で、外部スタッフのスケジュールを尋ねながら進める。

 

他の予想外の仕事が入ってきたら、無理。(というか、現在もその中にいるのだけれど。)

加害者は、たったひとつの小さな会社で、付き合いも長いから、

対応も心得ていると思っていたんだけど。

(うちは、サービス業なので、最低限のクオリティーを守りつつ、

早く、的確だったりする。

なので、発注者が寝ている間に、キレイにまとまっていたりする、

なんとなく、吉野家の牛丼のような姿勢)

 

でも、今回は、ページ数だけではなく、発売日の動かせない本。

(大きな出版社ではなく、日本特有の取り次ぎの問題で、発売は移動出来ない)

それも、内容はその編集者の本。

 

発売日は4/1。

にも、関わらず、原稿が少しづつ入ってきたのが、今週明け。

それも、なぜか、たった8ページ。

色校も無理な状態に。

うちのアシスタントも、外部スタッフも印刷所も悲鳴!

そうこうしているうちに、相手は、毎日毎日言う事を変え、先週インドに行ってしまった。

いくら、ネットが世界で普及していようが、

それは、地域較差があるから、当然インフラの整備は、均等である筈がない。

この考えの甘い、まるで汚染するような態度に、版元を始め全員が翻弄れている。

これは、戦争に近い。

全く、不毛である。

>不毛。(いいコトバだ!)

 

それでも、出来る事を進め、ある程度の事をして来た。

しかし、本人は、時々にしかメールの返事はしないし、それも高圧的な上から目線。

(この話、別に、上から目線が主体ではない。)

なんで?????

 

というより、僕は、この本にデザインだけでなく、対談というかたちでも携わっている。

(バイリンガルで、月曜に翻訳した原稿も入れなければ、

本はでないのに、肝心な内容は、まだ読んでない。)

 

こういうのは、あまりに初めてで、目眩ばかり。

僕は、普通の対応をすれば、正直に出来ないと伝えるべき事が一番の誠意と感じる。

しかし、版元にお世話になっているから、

どうしても、このデリケートな部分に関して、思考停止になってしまう。

 

で、本質は、このような事があっても、世に出てしまうのだろうか。

手柄は、本人だ!(スケジュールの問題が無ければ当然だが)

また、幾多の執筆者がいて、いつか、その影響を間接的に僕が受けるだろう。

こうして、彼は傷つくことはなく、

僕はデザインし対談まで受け、結果ウソに繋がっていくと思う。

 

今、自分を、自分である為に、どうしたらイイのだろうか?

 

彼は、エコロジーや、スローライフ等、

この本の性格と全く逆の、耳障りのいい事の話をたくさんしている。

 

今日、考え、月曜に版元と相談して自分の態度を示そうと思う。

(この文章を読むと、僕は、ヒステリックに感じると思う。

しかし、かつてからスポンサーに対し、通常、口うるさくないです。

というより、やりやすいと言われる事が多く、リーズナブルです。)

 

構造は簡単なのに、その本当の本質に、僕は加担していると思い、悩んでしまうのです。

 

コメントは受け付けていません。