中島英樹1992-2012展 5/19〜8/31まで、広島の大和プレスビューイングルームで、開催。

2012 年 5 月 13 日

中島英樹1992-2012展、とうとう、来週の土曜がオープンです。
期間は、5月19日から8月31日。土日、祝日は休廊。平日9時〜12時 13時から17時になります。

大和プレス ビューイングルームは、日本の現代美術の聖地の一つです。
オーナーで、コレクターの佐藤辰美さん曰く、美術を理解するには、長い時間をかけないと、理解できません。その為に作品を購入し、日頃から見られるように、自分だけの為に、このスペースを作ったそうです。
600平米超えで、13の展示ルーム。そこに700点超えの作品を公開します。

ここでは、過去12回の展覧会を行っておりその13回目に指名されました。
でも、なぜ、僕で、なぜ、デザインなんだろう?という事が大きな疑問です。
この件は、後日アップさせていただきます。
完全、アウェイ戦!

また、展覧会に合わせて6月25日に、同名のカタログ・レゾネが発表されます。
美術批評家・清水穣氏と、東京国立近代美術館主任研究員・保坂健二朗氏がによる中島英樹論も掲載されます。
B5変形、350ページ、1687点所収。発行/大和プレス 発売/二見書房から発売されます。1000部限定で、価格はなんと3800円(税別)

さらに、会期中に「DAIWA PRESS VIEWING ROOM 13」の展示ビューの本も発表されます。撮影は鈴木親さんです。

さらに出版記念イベントとして、6月末あたりで大阪のスタンダードブクストアにて、対談を予定しています。
代官山のツタヤでも、対談イベントの予定があります。
詳しい情報が決まり次第、発表させていただきます。

繰り返しになりますが、
大和プレス ビューイングルームは、佐藤辰美さんの個人のスペースの為、関係者のみの入場が可能で、さらに予約が必要です。

メールにて、お問い合わせしてください。

suzuki@daiwa.po-jp.com

なぜか、iPhone、2台体制に。。。

2012 年 5 月 9 日

全くの自分の勝手な憶測で、間違いをしてしまいました。
流れはややこしいのですが。
元々使っていたのは、auの携帯で会社の名義になっていました。
そして、個人名義でiPhoneを購入しました。
すぐに使えないと思い、慣れたらiPhoneに変え、同時にナンバーポータビリティーでしたっけ?を使い、携帯の番号を引き継ごうと思ったからです。
しかし、会社名義のナンバーを個人名義のiPhoneに切り替える事は出来ない事が判明。
結果、会社名義の携帯を、iPhoneに買い足す事になってしまい、持っていたiPhone、個人名義のまま手元に残す事になってしまいました。
調べてから!<自分!!!(怒)

2階です。

2012 年 5 月 1 日

久しぶりに更新、そして、ニュース。

2012 年 4 月 30 日

ブログ、久しぶりの更新です。
休み癖がついてしまったようで、改めて始めます。
僕だけではなく、何故かブログを見なくなる習慣が着いたという話しが多くありました。
他のSNSに、気持ちが移っていたのでしょう。
そちらを、見るだけで時間は取られていました。
ブログが、安定したものかどうか分りませんが、ツイッターをあっと、

言う間にあきた後、facebookやtumblerに向かっていたようです。

HPももう少しで、多少ですがリニュアルします。
ハブをHPに戻します。
______________________

アートディレクターとしての21年間を集
大成した個展を、コンテンポラリーアートの聖地の

ひとつとも言うべき広島の「大和プレス ビューイングルーム」で開催いたします。
600㎡を越える13の展示室からなる広大なスペース全部を使い、700点以上の

デザインワーク/アートワークを御覧に入れます。

これは中島英樹が過去に行った個展としては、

国内最大級のものであり、デザインとアートの境域をまたぎ、

「新たなる地平」に進むための挑戦と言えるものです。
展覧会にあわせ6月25日には、大和プレスから同名のレゾネも発表され、

美術批評家・清水穣、国立東京近代美術館学芸員・保坂健二郎両氏による中島論が展開されております。
また会期中には、写真家・鈴木親撮影による展示ヴューも発表されます

(『大和プレスビューイングルーム13』)。
遠方ではございますが、「デザインとアートの事件」ともいうべき本展を御高覧たまわれ
ばと存じます。
会場:大和プレス ビューイングルーム
開廊:平日 9:00-12:00、13:00-17:00 予約制
休廊:土日祝祭日
ご予約:株式会社大和プレス
〒731-0113 広島市安佐南区西原2-26-21
TEL: 082-850-3668 / FAX: 082-850-3733
suzuki@daiwa.po-jp.com
繰り返しになりますが、個人のスペースの為、完全予約制です。

展示プランの写真は1階です。

上田義彦さんの”MATERA”が、求龍堂から、出版されました。

2012 年 3 月 14 日